横浜国立大学社会科学系同窓会

富丘会について

梅原前理事長
2015/06/23 理事長便り

富丘会総会御礼

6月21日、第88回富丘会総会が、約500人の会員、来賓の方々に参加していただき終了いたしました。
参加した方々、寄付に応じた方々のおかげで盛大に実施できたことを感謝いたします。今回は、在学生や若い会員が多く、総会の雰囲気が変わり始めたような気がいたしました。
昨年度から、平成に卒業した会員の富丘会活動への参加を促すべく施策を取ってきました。
本年度は、新入生から富丘会費(10年間分3万円)を納入してもらいましたので、新入生も参加できる若手向けの活動をいろいろと計画しております。
以前のように単年度で収支を合わせるのではなく、将来へ向けて先行投資的支出を行うことにより、この3年程は赤字の決算になるものと思われます。この点に関しましては皆様のご理解をいただきたいと思います。
この88回の総会でも、新入生や在学生そして大学院の学生と、名刺の交換をいたしました。年から提供を始めたYNUのロゴ入りの富丘会会員の名刺が、総会で使われるのを見て、われわれの活動が、若手会員の役に立っていることを実感いたしました。
総会では、卒業60周年の会員(82歳から85歳)が昭和を回想するDVDを上映し、グリークラブと一緒に元気に歌を歌って会を盛り上げてくれました。また、50周年は吹奏楽団とともに昭和の歌を、40周年は留学生グループとともにビートルズの歌と踊りをやってくれました。それぞれレベルの高い、素晴らしいオンステージでしたし、皆在学生との楽しいコラボレーションであったことも特筆すべきことと思います。
準備段階で、今年の総会の実行委員会の皆様(1986年卒が中心)に若手の会員が楽しめる総会に一歩でも近づけるようにとお願いしました。新しい試みを行った結果、改善すべき点も多々あったと思いますが、変化への動きは始まったように思います。
この総会が、新しい富丘会活動の出発点になってくれることを祈っております。
会員の皆様のご意見をぜひ聞かせてください。
以上
2015年6月23日   梅 原 一 剛
  • 富丘会会員システム
  • 入会ご希望の方へ
  • 寄付ご希望の方へ
  • 住所等ご連絡先を変更された方へ
  • Facebook

ページ上部へ