横浜国立大学社会科学系同窓会

富丘会について

梅原前理事長
2015/01/22 理事長便り

新年を迎えて

新年を迎え、皆様は新しい気持ちでこの一年に思いを馳せていることと思います。
1月19日の富丘経済研究会の講演会は「どうなる!? 2015年の日本経済」がテーマでした。
講師は、同窓の第一生命保険経済研究所首席エコノミスト熊野英生さん。今年のキーワードは、"3つの安"、つまり、原油安、円安、安倍:アベノミクスの再生、の"3つの安"が日本経済に大きな影響を与えるとのこと。少なくとも2015年の前半はいい流れ。ただ、アメリカの利上げが、日本経済の好環境の歯車を狂わせる要因になる可能性はある。そして日本の景気が良くなっても、次のような日本の抱える"構造問題"は消えてなくならないとの結びでした。
1. 人口減少と少子・高齢化による社会保障負担の増加。
2. 円高と成長格差による産業空洞化の問題。
3. 不況の長期化による労働市場の変容(非正規化)。
4. 金融危機の経験からリスクテイカーをどう育てるか。
熊野さんは、これらは企業の課題というより国の対応が必要としていると結びました。
さて、2015年の富丘会の活動についてご説明をいたします。
まず、富丘会の組織を強くするために、
1. 卒業同期関連への働きかけ。
2. ゼミ関連への働きかけ。
3. 職域関連への働きかけ。
4. クラブ・サークル関連への働きかけ。
これらを緊密に行いたいと考えております。
3月17日には富丘会の幹事会があり、各卒業年次の幹事が集まりますので、これを実りある集まりにしたいと思います。
また、3月13日には若手会員のための講演会と交流会を計画しております。これは若い人たちの異業種交流により、幅を広げてもらおうというものです。100人の参加を目論んでいます。
今年の新入生には、入学時に富丘会費を支払ってもらう予定です。それに伴い、新入生とその父母の歓迎会を行う計画です。これにより、新入生だけでなくその父母にも富丘会員との交流により富丘会を知ってもらいたいと思っております。
2015年は、活動する富丘会にしたいと考えますので、会員の皆様もぜひ参加してくださるようお願いいたします。
以上
2015年1月22日:  梅 原 一 剛
  • 富丘会会員システム
  • 入会ご希望の方へ
  • 寄付ご希望の方へ
  • 住所等ご連絡先を変更された方へ
  • Facebook

ページ上部へ