横浜国立大学社会科学系同窓会

富丘会について

梅原前理事長
2013/04/18

富丘会ホームページとメールマガジン

横浜国大の入学式が、桜が散りかけた4月4日に行われました。

新入生は、2,778名で、そのうち19.3%が女性だそうです。女性が1名だけしかいなかった私たちのころとは大変な変わりようです。同じ日に国大に行く機会があり、キャンパス内で、男女の学生がヒップホップ・ダンスの練習をしている光景を目にしました。世の中の変化はしっかりと大学にも及んでいます。同世代の50%以上が、大学や専門学校に行く時代の大学のありよう、またそれに伴う同窓会のありようを考えて行かなければならないことを痛感しました。

富丘会は、この4月1日から一般財団法人となり新しい出発をいたしました。

一般財団法人では、評議員会が企業でいう取締会に相当し、富丘会の執行部(理事)の選任や会の方針の決定をします。理事会は、評議員会の承認した予算の下で日常の業務の執行をすることになり、理事は従来以上に毎回理事会に出席し、業務執行のための実務を行うことが求められることになります。

平成25年度の理事会は20名の理事と2名の監事によって構成されております。理事長がその業務を執行し、各理事は執行理事として、本会の業務を分担執行します。また、副理事長は執行理事としての役割のほか、担当分野の取り纏めをします。現在までに決まっている担当は以下の通りです。

・企画委員会:山崎哲男副理事長

・財務委員会:宮田芳文副理事長

・広報委員会:山川隆副理事長 委員長:竹岡倫示理事

・学生支援事業:鯉沼宏治副理事長、小坂隆昭理事

・組織活性化:鯉沼宏治副理事長、小坂隆昭理事、川畑茂樹理事、平田竹男理事

・同窓会連合:山川隆副理事長、宮田芳文副理事長

・会員名簿管理事業:山川隆副理事長、宮田芳文副理事長

・総会実行委員会:宮田芳文副理事長、 委員長:大津真嗣(昭和59卒)

・ホームカミングデイ実行委員会:富丘会実行委員(昭和47年卒)

・事務局:事務局長 土屋進、 スタッフ 氏原恵美子

本年度は会員管理システムを導入して会員名簿をweb化しました。会員名簿を5年に1回更新するのではなく、常に実態に合わせ、迅速かつ正確なものにする仕組みを作ったことになります。と同時にホームページに皆様からの地域、職域、業界、同期、ゼミなど会員同士の活動に関するレポートをタイムリーに載せ、皆様が行う会員同士の活動を広報、支援するとともに、メールマガジンを毎月会員の皆様に送信し、"反応の早い富丘会"を目指します。

現在、富丘会員名簿記載の会員数は、19,000名で、そのうちメールアドレスの記載者は5,300名、有効メールアドレスは3,700名ですので、会員の2割です。今後、残る8割の会員の方のメールアドレスを、連絡戴けるよう努力しなければと思っております。

最後になりましたが、4月1日に富丘会の事務局長が北澤さんから土屋さんに代わりました。過去9年にわたり富丘会の運営にご尽力いただいた北澤さんにお礼の言葉を捧げたいと思います。

 以上

2013年4月16日:  梅 原 一 剛

  • 富丘会会員システム
  • 入会ご希望の方へ
  • 寄付ご希望の方へ
  • 住所等ご連絡先を変更された方へ
  • Facebook

ページ上部へ