横浜国立大学社会科学系同窓会

富丘会について

梅原前理事長
2014/06/24

第87回富丘会総会へのご参加ありがとうございました

6月15日、約500人の会員が参加して第87回富丘会総会及び親睦パーティが行われました。
参加者は、旧交を温め、また新たに出会った人たちとの会話を楽しんだことと思います。
当日は、ワールドカップ・サッカーの日本の初戦でしたし、父の日でもあり来場者数を心配しておりましたが、盛会裡に終了でき感謝しております。
今回は、高商17年(1942年)卒業の藤江さん(92歳)が最高齢で、今年卒業した会員とは70歳の年齢の差があります。このように会員がイコール・パートナーとして活動できるのが富丘会の強みと感じました。
総会では一年間の報告として、昨年4月に一般財団法人になった富丘会の活動が大きな問題もなく、財務的にも安定した運営が出来たことを皆さんにお伝えいたしました。また、大学がイニシアチブを取ってYNU校友会構想が進んでいること、本年10月25日のホームカミングデーの日に校友会が設立される予定で、富丘会としてそのための支援・協力を行っていくつもりであること、そしてYNU校友会の設立に伴って富丘会の役割はどう変わるのかについての検討を始めたことをご報告いたしました。
講演会は、国際公認会計士連盟の会長を務められた藤沼亜起さんに"グローバル経済下での会計・監査及びコーポレートガバナンス"と題してお話しいただきました。企業の社外取締役や監査役の経験から、日本企業の会計、監査、コーポレートガバナンスが国際基準に基づいて行われることの必要性を示唆した講演でした。
今年の総会親睦パーティでは、卒業70周年が昭和19年卒、60周年が昭和29年卒、50周年が昭和39年卒、40周年が昭和49年卒の方々で、それぞれオンステージ等で顔見せをしていただきました。また、今回は色々な国から横浜国大に来ている留学生がステージに上がり、一人ひとりが上手な日本語で、もしくは流暢な英語で自己紹介をしてくれました。大学の国際化が素晴らしい勢いで進んでいること、横浜国大がいまや英語だけで卒業できる大学になったことを実感しました。
さらに女子会コーナー参加の皆様や、ゼミ会を総会の日に合わせた神代ゼミ、吉川ゼミの皆様にも総会を盛り上げていただきました。
多くの参加者から楽しい会だったとの言葉をいただきうれしい限りです。
最後になりましたが、実行委員の昭和60年(1985年)卒の方々の努力に感謝いたします。
ご参加いただいた皆様、また寄附や抽選景品をご提供いただいた皆様、ありがとうございました。
以上
2014年6月24日: 梅 原 一 剛
  • 富丘会会員システム
  • 入会ご希望の方へ
  • 寄付ご希望の方へ
  • 住所等ご連絡先を変更された方へ
  • Facebook

ページ上部へ