横浜国立大学社会科学系同窓会

富丘会について

梅原前理事長
2014/07/17

富丘会総会を振り返って

富丘会総会とほぼ時を同じくして始まったワールドカップ・サッカーはドイツの優勝、そしてブラジルの惨敗という結果に終わり、プロのサッカーの世界でも卓越した個人の能力だけでなく、それを組み立てる組織力が必要であることを見せてくれました。
第87回富丘会総会・懇親パーティは約500名の方々にご参加いただき、色々な方々から「総会は良かったよ」との声をいただきうれしい限りです。友との旧交を温めると同時に新しい友との語らいができたのではないかと思っております。
しかしながら、古くからの会員に「最近の富丘会は元気がなくなっているような気がする」との言葉をいただくことがあります。盛況であった総会も、毎年同じようなスタイルでやっていていいのかどうか。新しい会員、若い会員や女性の会員が積極的に参加したくなるような総会とはどんなものなのか、検討しなければならない時期に来ているのでしょう。富丘会では、今年度から女性や平成卒業の人にも理事になってもらいましたので、これら新しい人達の発想も取り入れて検討を行うつもりです。
総会でもご報告したように、大学では、今年の10月25日のホームカミングデーに合わせてYNU校友会を設立すべく準備を進めております。これを良い契機として、富丘会の役割をもう一度原点に返って考えるときであると思っております。富丘会が、YNU校友会と積極的な関係を作りながら、富丘会でなければできないことをしっかりやっていくことにしたいと思いますので会員の皆様のご支援、ご参画をよろしくお願いいたします。
以上
2014年7月17日:  梅 原 一 剛
  • 富丘会会員システム
  • 入会ご希望の方へ
  • 寄付ご希望の方へ
  • 住所等ご連絡先を変更された方へ
  • Facebook

ページ上部へ