横浜国立大学社会科学系同窓会

富丘会について

宮田前理事長
2019/04/23

理事長便り(2019年4月)

理事長便り(2019年4月号)

新年度の始まりと富丘会の役割!!

3月の卒業式、新年度に入っての入学式、保護者の皆さんのウェルカム・パーティー、新入生の歓迎会と、
やはり3月、4月は、大学から学生を送り出し、希望に満ちて入学してくる学生を迎える時が凝縮され、
同窓会運営の面でも大きな変化の時ですね。私たちの時代とは異なり、
保護者の皆さんが学生本人と同席する機会が多いのが、特徴です。

こうした際に、私たちは保護者の皆さんに富丘会の活動をお伝えしています。
就職相談員の皆さんが献身的に、的確なアドバイスや指導をしてきたこと、
模擬面接会の中で様々な指導を行ってきたことなどをお話しすると、
御子息や御息女を入学させて本当によかったとの感想を大勢の方に持っていただけるようです。

今回、経営学部の成績優秀者Aさんが静岡の税理士会に登録し、静岡で仕事を始めることが分かりましたので、
早速、富丘会の静岡支部幹事(静岡商工会議所の事務局長)のSさんにお願いし、
Aさんを静岡富丘会へ登録して、勉強会メンバーに入れて頂きました。
これで静岡富丘会の方々がAさんを温かく迎える準備ができました。

また卒業懇親会では、大手生命保険会社のD生命に入社することになったH君を、
富丘会の先輩であるD生命の幹事に紹介し、配属の決定後、H君とOB・OGの皆さんで懇親会を持ち、
皆さんで具体的な相談に乗ってくれるように依頼しました。

こうした新入会員に対するフォローの仕組みは、ここ数年定着してきています。
改めて富丘会の人的ネットワークの広さ、大切さを増々実感しました。

このように大学生の間のサポートは勿論、卒業後も、積極的に活動している富丘会組織あるいは
各地域できちんとサポートしていくことが、富丘会に求められていることを改めて認識させられました。

  • 富丘会会員システム
  • 入会ご希望の方へ
  • 寄付ご希望の方へ
  • 住所等ご連絡先を変更された方へ
  • Facebook

ページ上部へ